所蔵一覧

概要

斗南藩
泣血の記
松田修一著
東奥日報社
2020/03
9784885612596

利用状況

詳細

和洋区分
和書
書名,叢書名 斗南藩 泣血の記
著者名 松田修一著
分類記号1
212 東北地方
出 版 者 東奥日報社
出版年月日 2020/03
定価 1,800
ペ ー ジ 239p 図版[24]p
サ イ ズ 21cm
ISBN 9784885612596
注記 "本書は青森県の新聞「東奥日報」土曜日付朝刊に2017年7月8日から19年4月13日まで掲載された連載企画「斗南藩~苦難を越えて」のうち、会津・斗南士族子孫へのインタビュー「わが一族」欄を除き、1冊にまとめたものである。単行本化に当たって若干の筆を加え、「斗南藩~泣血の記」に改題した。会津藩が戊辰戦争に敗れ、明治元年(1868)年9月22日に降伏式が執り行われた際、鶴ヶ城(若松城)前の甲賀通の辺りに敷いた緋毛氈を、無念を長く記憶するよう藩士たちが「泣血氈(きゅうけつせん)」と呼んだことに由来する。本書もまた、会津藩が滅亡させられ、青森県下北半島を中心とする斗南の地で流人のごとき苦しみを強いられるべき落ち度はなかったのだということに多くの紙幅をさいている。なお、文中の肩書、年齢等は基本的に「東奥日報」掲載のままとし、引用文などには読みやすいようルビを多用した。"--巻末
件名 NDLSH:斗南藩

所蔵一覧

所蔵1 冊
  • 1
    登録番号

    137658

    保管場所コード
    06 学生閲覧室
    配架場所コード
    41 寄贈図書
    請求記号
    212.1-M